結婚の事実がばれた瞬間【みお4】

2017/09/27


 

みおと出会って4か月がたったころ、僕のみおの間には共通の知り合いがいることが明らかになりました。

そんなことは全く知らなかった僕は、いつものように普通にみおと電話していました。

その頃の状態は、直接告白とかはしてなかったのですが、僕がみおのことが好きなのは、確実に伝わっていたというような状態です。

純粋に好きと言う気持ちはあったので、不用意に手を出すようなことはしなかったのですが、みおとエッチがしたいという気持ちは強くなるいっぽいうだったので、そろそろ攻めてみようと思って次のデートの約束をしようとした時でした。

 

「そんなに頻繁にこっちに来ても大丈夫なの?」

 

その日のみおは、何か様子がおかしかったのは気付いていたのですが、この言葉を口にしたときから、さらにみおの対応は冷たくなっていました。

僕は「なんで?大丈夫だよ」と答えたのですが、それに対してみおは「ふ~ん」としか答えなかったのです。

結局、まだちょっとわからないっていわれて、雰囲気も悪かったので、その時は早めに電話を切ることになりました。

 

 

時間を止めたメール

電話を切った後、なんだろうと心配になりながらも、あの意味深な質問が頭から離れませんでした。

なんだろうあの質問は。

そんなことを考えていた時でした。

さっき話してたばかりのみおからメールが届いたのです。それもたった一行の短い文章で。

結婚してるなら初めから言えばいいのに

そのメールを見たとき、僕の時間は完全に止まってしまいました。

実際には30秒ぐらい完全に停止していたのかな。でも、僕の体感では数分間は思考停止になっていたような感覚でした。そのあとも、なせ?どうして?という疑問ばかりが浮かんできて、冷静に考えることなんてできません。

違う人からのメールであってくれと願って、もう一度差出人を確認しても、やっぱりみおからのメールです。

なぜなのか全然わからなかったのですが、僕はみおに結婚している事がばれてしまったことは間違いありません。

僕は、終わりだと思いました。

付き合えるなんて思っていなかったのですが、一度ぐらいみおを抱いてみたいと思っていたので、その可能性が絶たれてしまったことと、もう会うことが出来ない悲しみで心がいっぱいになっていたのです。

何度メールを見直しても、その文章が変化することもありません。

バレてしまっているのは仕方がないので、僕は返事を出すことにしました。

 

 

意外な事実

僕は、「言ってなくてごめんね。でもなんでわかったの?」とメールを送ると、「結城さんって知ってるでしょ?」と返事が返ってきたのです。

信じられないことに、みおと僕には共通の知り合いがいたのでした。

みおとは出会い系で知り合っているので、絶対にばれないと思っていただけに、まさかの展開に驚いてどうしていいのかわからなくなってしまいました。

そして、その事実を知られても一応返事は来ているので、「一回会ってお話しできないかな」っていってみると、「別にいいよ」と返事が来たので、次の週末に会うことになりました。

 

⇒ Vol.5に続く






もう少し読みたいと思ったら
ポチっと応援してもらえると嬉しいです^^ ⇒ ranking









出会い系の秘訣



出会い系サイトをまだ使ったことがない方のために、これまで僕が行ってきた経験を色々とまとめてみました。

出会い系サイトって、全然出会えないって言う人もいますが、ある程度のポイントを押さえていれば、誰にでも簡単に出会えるようになる場所ですので、これまでの僕の経験を参考にしてもらえるとわかりやすいと思いますよ。


出会い系でセフレを作ろう!
出会い系サイトでセフレを作ることを前提とした内容です。

出会い系サイトで彼女を作ろう!
出会い系サイトでの彼女作りに特化した内容です。

おすすめの出会い系サイトと評価
僕がいつも使っている出会い系サイトを出会える順にランキングにまとめてみました。





-みお
-,