我慢できずに焦って失敗

2017/07/31


 

これまでは成功した体験談ばかり書いてるのですが、今回は出会い系で完璧に失敗してしまった体験談です。

一度しか会ってないうえに、実際に会っていた時間は、会いに行く往復時間より短かったほどの大失敗だったので、今となってはその子の名前も覚えていません。

その子とは、出会い系で知り合ってから、メールでのやり取りを一週間以上続けていて、メールではかなり仲良くなっていたと思っていました。

その子とメールで一番話してたのは、見せブラを着ていたら、電車でオヤジがエロい目で見てくるとか、痴漢に遭うから嫌だっていうような内容です。

僕は見せブラってのがあるのは知っていても、どれが見せブラで、どれが見せたらいけないブラなのかを知らなかったので、見せブラの話題になった時に、かなりその子に色々聞いていました。

メールのやり取りをしている間に、見せブラの服を着ていた日があったみたいなので、どんなのが見せブラなのか知りたいと言って写真を貰って見せてもらったりとか、相手の子に不快な思いをさせない程度の距離感で色々なパターンの見せブラの画像などを見せてもらいながら仲良くなっていきました。

 

 

メールでの約束

そんなやり取りもありつつ、一週間から二週間ぐらいメールをして、実際に会う約束までたどり着きました。

さらに、見せブラだと服を脱がしやすいと思い、会うときは見せブラがいいと注文してみると、「気が向いたらね」って言いながらも、会った日にその服を着てきてくれたのです。

 

 

見せブラの彼女と会った日

これまでは特に問題はなく、実際に会ってからも、見せブラなんて初めて見た感動が彼女には面白かったみたいで、始めの20分ぐらいは楽しく話しながら過ごせていました。

しかし、問題が起きたのは会って20分ちょっと経った時に自動販売機でジュースを買って、車の中で飲んでいた時の事でした。

僕は、「見せブラって体を動かしたら上から乳首が見えたりしないの」って質問すると、普通のブラより固いから、あまり激しく動かなければ、上から見えたりずれたりすることはないってことを教えてもらったのです。

固いブラって言われても、どんな感じなのかわかりませんよね。

そこで、「そんなに固いなら、上から触っても胸の感触はないの」と尋ねると、「軽く触ったぐらいだと、全く分からいよ」といわれたので、思い切って聞いてみたのです。

「ちょっと触ってみてもいい?」

すると彼女は、何のためらいもなく「ブラのところならいいよ」って言ってくれたので、始めは人差し指でツンツンしてみたり、軽く手のひら全体で触ってみたりしました。

本当に硬くて、超厚手パットを触っているような感じで、確かに胸を触っているというような感じはありませんでした。

そこで僕は、もう一歩踏み出して、胸を触った時に、キュッと揉んでみたんです。

すると彼女は「それはダメ」って笑いながら僕の手を払いのけました。

いくら固いとはいっても、揉めば胸の感触があるのは当たり前なんですよね。

その彼女の反応を見て、僕は勘違いしてしまい、大失敗を犯してしまったのです。

 

 

僕が犯した大失敗

そこからその服装をしていったときの、周りの人の反応とかを色々聞きながら、僕は彼女の胸元をずっと見ていました。

見せブラと言っても、僕からするとブラが見えているようにしか見えず、その下には彼女の胸がある事を想像すると、胸が見たいという欲望が抑えきれなくなってしまったのです。

彼女の胸はノーガード状態でした。

僕は、静かに彼女の胸元に手を伸ばして、「どんな感じの素材なの」って言いながら、ブラの上の方をつまんで触ってみました。

人差し指と親指で触ったので、人差し指の表側には彼女の生の胸の感触が伝わってきます。

その時に、「こうやって触るとブラって言うより水着って感じだね」と言いながら、ブラをペロっとめくって一瞬乳首を露出させてみたのです。

すると、胸に指が触れてる間は笑っていた彼女の表情が一変。

「なにしてんの」といって怒ってしまいました。

すぐに「ごめん、つい見てしまった」っていって笑いでごまかそうとしたのですが、彼女は本気で怒ってしまってかなり険悪な雰囲気です。

とにかく僕は彼女に何度も誤って、機嫌を直してもらおうとしたのですが、それから彼女は口を開くことはありませんでした。

 

 

なぜ失敗したのか

結局そのまますぐに待ち合わせの場所に戻って、彼女と別れたのですが、この時なぜ失敗してしまったのかを考えてみました。

ミス1
彼女の服装の露出が激しいことで、簡単にいけると勘違いした。

ミス2
ブラを触ることを許してくれたのと、指が胸に触れていても大丈夫だったことで、焦って先に進み過ぎた

大きなミスはこんな感じですね。

この時のミスは、胸を出したことがダメだったのではなく、相手の女性の心の準備ができてない段階で、いきなり胸を出してしまったことに問題があったわけです。

もちろん、時間をかけて攻めたとしても、もしかするとダメだったかもしれませんが、短時間であれだけの距離感まで持っていけてたところを考えると、そのあとを慎重に攻めれば絶対に最後まで行けたはずなんですよね。

 

 

女性の気持ち

その時の彼女は、僕が胸を見た瞬間に、こいつはわたしの身体が目当ての他の男と同じと判断したのだと思います。

それまでにも、好きでこの服装をしているのに、エロい目で見てくる男が嫌いって言ってたのに、僕自身がそのエロい男と一緒になってしまったからです。

全ての女性がそうだとは言いませんが、胸に興味があるのではなく、あなた自身に興味があるという姿勢を見せることが大切になるんですよね。

欲望が表に出てしまうと、胸が見たいとか、セックスがしたいという想いが先走ってしまい、女性からすると、私じゃなくてもいいんじゃないのっていう想いを感じさせてしまい、不快な思いをさせてしまうわけです。

これは、失敗しやすいパターンですよね。

女性と上手く仲良くなるためには、女性の気持ちはわからないにしても、少しでもわかる努力はしていかないといけないという教訓の出来事だったと思います。






もう少し読みたいと思ったら
ポチっと応援してもらえると嬉しいです^^ ⇒ ranking









出会い系の秘訣



出会い系サイトをまだ使ったことがない方のために、これまで僕が行ってきた経験を色々とまとめてみました。

出会い系サイトって、全然出会えないって言う人もいますが、ある程度のポイントを押さえていれば、誰にでも簡単に出会えるようになる場所ですので、これまでの僕の経験を参考にしてもらえるとわかりやすいと思いますよ。


出会い系でセフレを作ろう!
出会い系サイトでセフレを作ることを前提とした内容です。

出会い系サイトで彼女を作ろう!
出会い系サイトでの彼女作りに特化した内容です。

おすすめの出会い系サイトと評価
僕がいつも使っている出会い系サイトを出会える順にランキングにまとめてみました。





-体験談
-, ,